HOME > お客様へ

お客様へ

修復歴ありの車ってどうですか?

中古車雑誌を見ていると必ず修復暦ありとか修復暦なしとか記載されていると思います。そして修復暦ありの車は修復暦なしの車よりも明らかに価格が安いです。

傷がついたから修復したとか、ドアがへこんで修理したなどで修復暦ありになってしまうなどと勘違いしている方もいますが、修復暦ありになってしまうのは主に車体のフレームが事故などでダメージを受け、フレームを修理した場合などです。

つまり修復暦あり=かなり大きな事故をしている可能性があります。

この事を把握したのを前提に修復暦ありの車を購入するのは吉かを考えてみると私は「皆さんが車に詳しくないのであれば、よほどの事がない限り修復歴ありの車の購入は控えた方が良い」と言いたいと思います。

このページのトップへ

修復歴車って、何?

主に、車体を構成する主要部位が修理・交換された車のことです。
自動車公正取引協議会(※1)が定める「修復」にあたる事故を経験し、所定の個所(下記参照)を修復あるいは交換した車のことをいいます。 所定の個所:フレーム、フロントクロスメンバー、フロントインサイドパネル、ピラー、ダッシュパネル、ルーフパネル、ルームフロアパネル、トランクフロアパネル、ラジエータコアサポートの交換
(※1)自動車公正取引協議会は、公正取引委員会から認定を受けた「自動車公正競争規約」の運用を行っている機関です。

このページのトップへ

中古車購入時に必要な書類・必要なものは?

車庫証明書、印鑑証明書、委任状と印鑑が必要となります。ただし、一般的には車庫証明の取得も当店で代行するので、「印鑑証明」と委任状への捺印用の「印鑑(実印)」のみとなります。


このページのトップへ

このページのトップへ