HOME > 相場情報ブログ > アーカイブ > 2012年7月アーカイブ

相場情報ブログ 2012年7月アーカイブ

ダイハツ ムーブ(MOVE)

ダイハツのスモールカーを代表する軽ミニバン「ムーヴ(MOVE)」。5代目となる今回のフルモデルチェンジでは、昨今の環境意識の高まりを受け、ガソリン車としての燃費性能を徹底的に追求したうえで、広さや利便性・快適性、基本性能・安全性能など、あらゆる面で高次元にバランスのとれた「スペース系軽乗用車の次世代スタンダード」を目指して開発された。新開発のアイドリングストップシステム「eco IDLE(エコアイドル)」や新開発「第2世代KFエンジン」の搭載に加え、約35kgの軽量化など車体側の燃費対策も徹底した結果、ガソリン車トップとなる27.0km/(10・15モード走行燃費値)の低燃費を実現。NA全車、エコカー減税の75%軽減レベルに適合している。

 

中古車 オークション 車 オークション


スズキ ワゴンR スティングレー

スズキ 新型ワゴンR。親しみやすさを大切にした「ワゴンR」と、個性を主張する「ワゴンRスティングレー」の2種類のスタイリッシュなデザインを採用。ロングホイールベース化した新プラットフォーム、室内長、前後乗員間距離を拡大して快適な室内空間を実現した。660ccの自然吸気直列3気筒DOHC VVTエンジンと、新開発DOHCターボエンジン搭載の2ユニット。

全グレードで、エアコン、デュアルエアバッグ、盗難を抑制するイモビライザーを、FX以上はセキュリティアラームシステムを標準で備える。インパネシフトとする4速AT、上級には変速ショックのない低燃費に貢献するCVT、フロアシフト式5速マニュアルも一部で選択可能。

中古車 オークション 車 オークション


ホンダ オデッセイ(ODYSSEY)

4代目となる新型オデッセイ(ODYSSEY)は、先代同様の低床・低重心パッケージにより、多くの立体駐車場に収まる1,545mmとした低全高スタイルでミニバンを超越した走行性能を実現する。  2.4L DOHC i-VTECエンジンと、変速ショックのないトルクコンバーター付CVT、もしくは5速オートマチックを組み合わせ、さらにDBW(ドライブ・バイ・ワイヤ)の制御に加え、CVT、エアコンディショナーの作動を協調制御し、エンジン負荷を低減することで低燃費走行を支援する「ECONモード」を搭載しています。2-3-2配列の7名定員。2列目シートは、左右席と中央部のシートバックが独立して倒せる3分割可倒式を採用。ワンアクションで多彩なシートアレンジを可能とした。3列目シートは床下収納機構の採用により、フラットで使いやすいラゲッジスペースを実現しました。

 

中古車 オークション 車 オークション


トヨタ アルファード / ヴェルファイア

フルモデルチェンジしたフラッグシップミニバン「アルファード」は、新車名となる「ヴェルファイア(VELLFIRE)」もラインアップ。「上品」「洗練」を特長としたアルファード(トヨペット店)は、フロントピラーからバンパーへ抜けるV字型ライン、切れ長の大型ヘッドランプと横バーグリルをもったフロントマスクを。    もの静かな+情熱からネーミングされたヴェルファイア(ネッツ店)は「力強さ」「先進性」で、二段積みのヘッドランプや横基調のグリル、リヤコンビネーションランプは、LEDとクリアレンズを配した二段積みのデザインとし、クールな印象を演出する。  新プラットフォームを採用し一回り大型化、3Lから排気量アップした新搭載のV6 3.5L(Dual VVT-i)エンジンは6速SuperECTと、出力を高めた2.4L(VVT-i)エンジンはSuperCVT-iと組み合わせ。マニュアル感覚の操作が楽しめるシーケンシャルシフトマチックを標準装備しています。

中古車 オークション 車 オークション


ニッサン セレナ

1991年6月の初代モデルから3代目モデルとなった日産「セレナ(SERENA)」。レギュラーモデルは5ナンバーサイズ、ハイウェイスターは、エアロパーツ装着により3ナンバーサイズの2種類となります。20X以上のグレードは、信号待ちなどの停車時にエンジンを自動的に停止するアイドリングストップシステム(ECOモーター式)を備え、空気抵抗低減とともに、低燃費15.4 km/L(10・15モード)を実現しました。

 

中古車 オークション 車 オークション


ホンダ ステップワゴン

ホンダ独自の低床・低重心パッケージをベースとする4代目「ステップワゴン」と、スポーティで迫力あるエアロフォルムのステップワゴンスパーダ。エンジンは2L直列4気筒DOHC i-VTEC(150馬力)を搭載し、トルクコンバーター付CVTまたは5速ATが組み合わされています。リアフロアの構造を工夫することで、3列目シートを床下に収められ、荷室を広々と使える「3列目床下格納シート」を採用している。2列目シートは、レバーまたはストラップを引くだけのワンモーションで、シートバックが倒れ、続けてはね上げまでが完了する6:4分割タンブルシートを標準装備となります。

中古車 オークション 車 オークション


1

« 2012年6月 | メインページ | アーカイブ | 2013年4月 »

このページのトップへ