HOME > 安さの秘密

安さの秘密

こんな販売価格でいいの??

当社はお客様よりご希望を受けてから、中古車販売ネットワークより40,000台、131の提携オークション会場より毎日30,000台からお探しをするというシステムを導入しています。

他社と比べて圧倒的に店舗経費や展示車両、売れ残った車両のメンテナンス維持費など
がかかっていない為に、20~100万円低価格で提供できるのです。



例えば、100台が駐車できる大型展示店舗の経費はどれ位かかっているのでしょうか?

チェック1 敷地賃貸料:100台を展示するのに1台あたり3坪として300坪が必要。
さらに店舗・整備スペース・お客様用駐車場などを入れると倍の600坪が必要
...100万円
チェック2 光熱費:展示場・店舗・看板・整備機械等の光熱費
...30万円
チェック3 展示車両の値落ち:1台あたり月に平均2万円値落ちした場合、100台で計算
...200万円
チェック4 人件費:営業3名、整備2名、事務1名、経理1名、責任者1名として、
平均賃金が月30万円×8名=240万円
合計570万円
その他まだまだ経費はかかっています!!

膨大な宣伝広告費も加算

さらに展示車両を雑誌やインターネットに載せる宣伝広告費があり、
たくさん売るにはたくさん広告を出さなくてはなりません。
1箇所だけならそれほどでもありませんが、複数の広告媒体に掲載するとなったら?
少なくとも1台あたり1万円はかかると思います。

皆さんご存知のG○○あたりで、1ページ最高30台掲載できて、
ページ単価が15万円だとすると、
15万円×3ページ分(90台掲載)=45万円
月2回の発行で45万円×2=90万円
また、新聞折り込み。これは相当高いです。
当社でも以前に利用したことがあり、10万世帯にA4カラーで配り100万円位かかりました。
つまり、1枚10円位ということです。

この毎月の経費が在庫車両にプラスされているのです。
それでも利益を出しているとしたら・・・。
1台あたりの利益の幅は、一体いくらになるでしょう?

整備収益と広告費が相殺と考えても100台展示で月間台数はせいぜい30台。
570万円÷30台=約19万円

つまり、この店舗では業者仕入れ価格から19万円高く売っても利益ゼロ!という事になり、
そこから更に価格を上積みしなければ利益がでないのです。
基本的に中古車販売店は車が1台売れると18万円の利益と言われています。
そんなに経費をかけているところから買う必要があるのでしょうか?

販売店舗も儲からず、お客様も高く買っているので誰も得をしません。
大量に在庫を抱えている店舗、
メチャメチャ広告を出しまくっている店舗にご注意!

下さい。いくら売れていても安くなりませんから。

また、仕入れ価格は月毎、週毎に変動し、全体的に値落ちをしています。
例えば、6ヶ月前に仕入れた車と今日仕入れた車では、
おおよそ13.2万円の販売価格差が生じてくることもあります。

当社のシステムはお客様の欲しいタイミングで仕入れる為、
最も安く仕入れできると言えるのです。

このページのトップへ